プロフィール

蹴球少年一家

Author:蹴球少年一家
主演『あばれはっちゃく』
ナレーション『スマイリーママ』

『あばれはっちゃく』
現在中学2年生。小2から始めたサッカーにのめりこみ、勉強そっちのけで「ブラジルにサッカーりゅうがくするけん!」と意気込む。

『スマイリーママ』
わが子の日常が、自分のすぐ近くで行われていることに、喜びと面白さを感じている。物事を深く考えない、いわゆるノーテンキ。

ユニフォームを作る
これでプロになれる!?
鯉と金魚にエサをあげてね

【初めての方・パスワードをお持ちでない方はコチラから】


まだ遅くない・・・プロへの挑戦の道・・・

どうも野球おやじです。

いまだにヘルニアと奮闘中の毎日です・・・。

さて、あばれはっちゃくも初のセレクション(選考会)に参加して、

スマイリーママも選考会の現実を感じたみたいです・・・。

私も二人に日々の生活での中で伝えてきたんですが・・・

やっと現実を経験して、少しは理解したみたいです。

私も小学生の時に軟式野球で四国選抜に選ばれたり、地元にプロ野球の

スカウトの方が住んでいたことからよく声をかけられました。

私はピッチャーをしていたんですが、中学校に入ると同時に「野球肘痛」になり

手術をして、やむを得ずピッチャーをあきらめました。

その途端に選抜にも選ばれず、スカウトの方も姿をみせずになりました。

なんか自慢話みたいになりましたが、決してそんなつもりでは

ございませんのでご了承ください

とにかく今まで、いろんなスポーツ選手をみてきたり経験して、

「あっ、こんな子がプロに近いとこにいくのか!」というのも

少しはわかります。

運動神経や技術が優れていてもプロに近づけない子もたくさんみてきました。

私個人のポイントは・・・

 ・強い体が必要 
       (運動・技術が優れていてもケガに弱くてはダメ)

 ・周囲を観察できる事が必要 
       (環境・状況を把握できないとダメ<考える力>)

 ・表現力が必要  
       (あいさつ・大きな声、プラスの表現がないとダメ<ナイスプレー!など>)

 ・スポーツは速さ・位置・正確性が必要  
       (瞬間の動きの速さ・的確なポジション・相手に対する正確性がないとダメ)


あくまでも私個人の見解ですが、技術力+αもしくは何か優れているものや

組織として順応できることなどがあれば少しはプロに近づける気がします。

とにかく今からでも遅くない・・・。

少しでもプロに近づけるようがんばろう!!!

「がんばれ! 夢見るサッカー小僧!!」 

野球おやじでした。



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ご訪問感謝します♪
愛媛県の天気
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
【冬季限定】ボードウェア格安
ザ.5秒
応援します!愛媛FC
がんばれ!ニッポン。
瞬間視力でドン
今日の献立
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR