プロフィール

蹴球少年一家

Author:蹴球少年一家
主演『あばれはっちゃく』
ナレーション『スマイリーママ』

『あばれはっちゃく』
現在中学2年生。小2から始めたサッカーにのめりこみ、勉強そっちのけで「ブラジルにサッカーりゅうがくするけん!」と意気込む。

『スマイリーママ』
わが子の日常が、自分のすぐ近くで行われていることに、喜びと面白さを感じている。物事を深く考えない、いわゆるノーテンキ。

ユニフォームを作る
これでプロになれる!?
鯉と金魚にエサをあげてね

【初めての方・パスワードをお持ちでない方はコチラから】


負けることによる『気づき』

土曜日は『第20回 帝人少年サッカー大会』に参加したあばれはっちゃく。

3試合戦って結果は

1勝1分1敗

「疲れてる?」

「試合に慣れすぎた?」

なんだかはっきりしなかったこの日のSSS

やはり相変わらずボールを回してくる相手に弱い。

これを克服しないと次はない

これに早く『気づいて』次に繋げてほしい。


まだ何も改善されてない。

がんばれ!!SSS



そして2日目の今日は

あばれはっちゃくは空手の試合に行きました。

そう。あばれはっちゃくは

サッカー少年でありながら じつは週2回空手の稽古にも通ってるのです。

今日行ったのは『ひょうたん杯』←(昨年のブログ参照)は

5月に開催される全日本少年少女空手道選手権県大会←(昨年のブログ参照)に向けての

大切な『気づき』ができる試合。

勝ち負けという結果を大切にしているわけではなく

試合を経験することで

本番までにどれだけの『気づき』ができ

それを改善できるか。


それが一番大事やと思うスマイリーママなのです。


PS SSSのみなさん本日はお疲れ様でした。
本日保護者の少ない中 お手伝いしていただいた方々に
  心より感謝申し上げます。


By スマイリーママ


↓少年サッカーランキング参加中!
↓↓ワンクリックご協力
↓↓↓ありがとうございます(^o^)  
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
↑人気サッカーブログいっぱいデス!

THEME:少年サッカー | GENRE:スポーツ |

COMMENT

こんにちは

こんにちは
ボールを回してくる相手ですか~
予想してそこへ割り込んでいくのは結構、大変なんですよね。
そのチームのゲームメーカー達を早めに見極めて展開させない
のも手ですが。
なかなか大変ですよね、うんうん
で、空手いいですね~
俺も小さい時に極真をやりたかったんですよ~
ただ、近くに道場がなくて泣く泣く剣道へ。
国技はいいですよ、精神的にも肉体的にも大きくなります。

Re: こんにちは

井狩さん。

コメありがとうございます!
後ろから廻してくるところは
結局ミスをしてくれるし(子供だから仕方ない)
井狩さんが言うように『見極め』ができれば
チャンスも多いのです。

当然チャンスの後にはピンチも待ってますが・・。
チャンスの時に決めきれるかどうか!
というのもポイントですよね。


空手。
いいですよね~。本当に。
あばれはっちゃくは極真ではなく、伝統空手ですが
格闘技って男には大切だと思います。
いろんな痛さを経験しとかないと
大人になった時に痛さをしらない大人なんて
ちょっと怖いですよね。
剣士もいいじゃないですかぁ。

By スマイリーママ

つづき。

先日のコメで、はっちゃくくんの仕掛けは、どんどんやるべき、と書きましたが、状況判断した上でのことです。

守備の人数、スペースなどを見て、自分で突破できると判断したか、そこが重要。

はっちゃくくんのスピード、テクニック、フィジカルなら2人ぐらいなら、なんとかなる気がしますが、何もかも突破になってないでしょうか。

たぶん、対戦相手は攻撃の中心は7番だと気がつきます。

当然、プレスの枚数も増やすし、マッチアップさせる選手も「できる」選手になります。

はっちゃくくんにとっては不利な状況になるのですが、チームにとっては悪くないはずです。

複数のプレスがくれば、どこかにスペースができるので、周りの選手がそこを使えれば、チャンスになります。

ここは周りの選手の判断が必要な場面です。

ま、うちのチームもできてませんが、常に判断してプレーするように指導はしています。

ちょっと長くなってしまいましたが、見る→判断→プレーが大切なことだと。

そちらの指導者も同じようなことを言っていると思いますが。

先日のコメでは言葉足らずだった気がしたので。

感謝します!

指導者さま。

いつも熱いコメントありがとうございます。
とても参考になります。
あばれはっちゃくの場合「焦り」が裏目に出てるように思います。
基本1点や2点の失点は想定内で
2点3点取れれば良いのですが
とにかく何本打っても入らない時があるのです。
これは誰がというよりチーム全体が。
そういうときこそ冷静にならないといけないのですが
あばれはっちゃくは焦って自分が点を取らないと!と
強引になってるように私には見えます。
『見る→判断→プレー』
そうなんですよね。
野球おやじも同じ考えですが
リアルタイムにあばれはっちゃくが、そして
チーム全体がそれをできるのか!というのも・・・。

また、焦るのはあばれはっちゃくだけでなく
チーム全体ですね。
みんなが「自分が決めないと!」と思って
個人プレーのみになってる気もします。

守りの堅い相手にこそチームプレーという
考えを子供たちが本当の意味で
わかってくれること。
それが目標ということでしょうか。。。。

By スマイリーママ

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ご訪問感謝します♪
愛媛県の天気
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
【冬季限定】ボードウェア格安
ザ.5秒
応援します!愛媛FC
がんばれ!ニッポン。
瞬間視力でドン
今日の献立
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR